視能訓練士の採用の基本情報

a0001_014049
目のエキスパートである「視能訓練士」という仕事が最近、世間の人たちにも広く知られるようになってきました。
しかし視能訓練士ときいても目に関する仕事だろうな……という曖昧なことしか正直言って分かりません。
というわけで徐々に人気の職業になりつつある視能訓練士について調べてみようと思います。

視能訓練士とは

視能訓練士とは一言で言うと「目のプロフェッショナル」なのだそうです。
仕事内容は目医者さんでよく見る機械を使って検査をしたり、特殊な機械を使用しての大掛かりな検査を行ったり。
検査の他にも視能訓練士には大切な役割があるそうです。
それが「目の機能を改善・回復させるための訓練を行う」こと。
検査をしてその結果を見た眼科の先生が「このような訓練が必要です」と判断して、その訓練を実際に患者さんと行っていくのが視能訓練士なのだそうです。
視能訓練士は国家資格を取得している人のみ就くことができる職業です。
雇用形態は様々ですが求人採用募集を行っている病院や眼科は少なくありません。
日本視能訓練士協会のホームページでも視能訓練士の求人採用募集について、常時情報を載せているようです。
給与や待遇も視能訓練士は一般的に見て悪くなく、求人採用募集情報をチェックするときには自分の希望に合った職場が見つけられる可能性が高いです。

収入のめやす

新卒者の初任給:18万円から20万円
非常勤の時給:1000円から2000円

地域や勤務する場所・時間によっても給与は異なります。
視能訓練士を必要としている病院が日本のいろいろなところにありますので、ぜひ求人採用募集を見てみてくださいね。
病院なので土・日・祝日がお休みの職場も多く「夜勤や当直は難しい……」といったことについても相談にのってもらえるそうです。

視能訓練士の方がインタビューを受けている記事を最近読みました。
視能訓練士という仕事の醍醐味は、見えにくい人の気持ちを理解して、患者さんに喜んでもらえること。
逆に視能訓練士の仕事の辛さは、訓練しても良い結果が出ないとき。
患者さんの見えなくなるかもしれない……という気持ちが伝わってきてとても悲しい気持ちになるそうです。
視能訓練士という仕事内容・待遇・給与・やりがい・辛さについて書いてきました。
目が悪くなったとき視能訓練士さんがそばにいてくれたら心強いですね。
視能訓練士に興味あればぜひ国家試験を受ける資格をとるにはどうすれば良いのか?
視能訓練士になるための学校についてなども調べてみてくださいね!

視能訓練士の求人の一番はここ